語学上達にオススメの本

2015.07.16 Cat: Tag:, , , ,

皆さまこんにちは!日本も夏本番と聞いていますが、夏バテなどされていないでしょうか?!

毎度のことながらまたまただいぶ間があいてしまっておりましたが、私は元気にフィレンツェ生活を満喫しております。もちろん、いいことばかりではなく、大変なことや悲しいことつらいこともこの数か月の間に経験しましたが、そんな中でも現在ここイタリアにいられることや、好きなことを勉強出来て、やってみたかったことに挑戦してみることができる状況にいつも感謝の気持ちが湧いてきます。そしてそれは、誰に言われてここへ来たわけではなく、自分で決めてそうしたからこそなのだと日々実感しております。

さて今回は外国語学習において「オススメしたい本!」というテーマです。外国語を習得する際には、ある程度の文法学習を文法書や辞書、その他語学テキストで勉強したあとには、やはりそれ以外の「学習用」という枠を超えた分野で、できれば自分が興味のもてることがらで日々接し使ってみることを是非オススメいたします!

というのは、やはり学習書だけではまだ「外国人用」という安全領域にいるので、横に訳や注意書きなどが書かれていたりして助かる部分はあるものの、そこにはその本を作った人の私見もありますし、何より実用レベルまではいっていないのと一緒なんですね。

「実用レベル」とは、ずばり、そのような助けなしに自分で内容を理解したり、多少わからない言葉や部分的な個所があったとしても大枠で意味を掴んで、できれば書かれていることについて「自分はどう思うか?」とか、興味ある内容なら「もっと調べてみよう」など、言葉そのものよりもその内容とリンクして自分の生活や知識に取り入れていく作業が結果的にその言語を自分のものにしていくプロセスになるわけです。

私の体験から外国語を身に着けるまでのステップについて「語学の効能~シンプル&効果ありの勉強法」にも書かせて頂いていますので、よかったら参考にしてくださいね!

さて、上記のように語学上達には生活の中でどれだけその言語に触れるか、がとても重要になってくると思うのですが、正直日本にいるとかなり限界があるのは事実です。英語でしたら映画や音楽から始まって、在日ネイティブスピーカーもたくさんいるでしょうし、新聞や雑誌などの入手も比較的可能です。でも、その他の言語となると、やはりある程度自分で調べて取り寄せたり、お金もかかることが多いと思います。今ではインターネット上で入手可能なものは無限にあるので、その気になればできるのでしょうが、この時点で結構モチベーションと手間がかかるわけです。

そこでオススメしたいのが、学習言語で書かれている本です。ただし、本といっても以下の条件を満たしているもので、小説やエッセイなどよりも軽く読めて、またできれば頻繁に開くもの。もちろん、ある程度のレベルになればそのような本格的な「読み物」にもどんどん挑戦してみたほうがいいと思いますが、私の経験上結構挫折する可能性もあるので、まずはとっかかりとして下記の内容のものをオススメしたいと思います

*比較的簡単な言葉で書かれていて、読みやすいもの。

*内容が興味あるもので、中に絵や写真などが挿入されていて開くとワクワクするもの。

*何度も読めて、どこからでも始めて終われる、つまり内容に継続性がないもの。日によってはほんの少し読むだけでもOKなもの。

*きちんとした言葉で書かれているもの。つまり、読者の対象が限定されたものではなく、あくまで一般的なもの

 

以上から、私の一般的なオススメは観光ガイドブックとお料理のレシピ本です!もちろん、それぞれの好みで様々な分野から探せるかと思いますが(映画、美術、歴史、その他なんでも)、はじめの現地調達本としては、ガイドブックもお料理も誰でも楽しめて、またその国を知るモチベーションにもなりますし、そして持っていて役立つだけでなく思い出にもなり、場合によっては長きに渡って本棚に収納しておきたくなるような、そんな本たちだと思います!

言葉は経験と結びつけることで初めて自分のものになる。
これは私が実際体験して実感しているのですが、机の上の学習やたとえネイティブスピーカーとであっても「練習」である限り、身に着く効果は薄いんです。

その点、旅のガイドブックは実際その言葉を話す必要がある現地に行くと言うシュミレーションになりますし、そして実際行って頂きたいと思うので、行けばおのずと書かれていた内容を体験し、また言葉として使うことになるでしょう。そして、お料理のレシピに関しては、お料理しない人にとってはあまり効果はないかもしれませんが、これも生活に密着していて、お料理好きな人にとっては最高の楽しい教材になることは私自身が体験済みです!

そこで今回はイタリア語学習者のために!!!2冊の本をセットでご紹介したいと思います❤

1.  「A SPASSO PER FIRENZE」
      -  かわいらしくて楽しい絵とともに、フィレンツェの観光名所や街の楽しみ方について書かれた本。歴史や文化的背景だけでなく、現在のフィレンツェライフについてもポイントを押えつつもより身近な友達感覚のような視点書かれており、読んでいて面白い!

51QDfE1Dg2L__SX375_BO1,204,203,200_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2. 「Ricette della Cucina toscana」
 -    Paolo Petroniさんという著者によるもので、私が現在お部屋を借りてお世話になっている生粋フィオレンティーナ(フィレンツェ人のこと)のおばあちゃま、お料理が上手で「ザ・イタリアンマンマ」という感じの彼女が絶賛の、『トスカーナ料理については彼以外にいない』というほどベスト版だそう。1つのお料理につき1ページが基本で、シンプルでわかりやすい書かれ方、そして美しい写真で食欲と想像力をもそそられる1冊です!

 無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は上記2冊をセットでご希望者にはこちらより販売いたします。
価格は、送料・手数料込みで、2冊で8,500円での販売となります。
ご希望の場合には info@venus-avenue.cim までお申し込みください。タイトルに、「本の購入希望」と入れていただくと大変助かります。

現在私がイタリアのフィレンツェ在住のためこちらのローカル本のご紹介となります。ただ、今後もご希望者がいるようであればその他言語の本についても、こちらで実際に手に取って見れるものでオススメできそうなものがありましたらご紹介していきたいと思っています。

またご紹介している本以外でも何かご希望があれば、たとえば具体的に特定できていないけれど読んでみたい分野のものがある場合などは、ご相談頂ければ検討いたしますので、是非その場合も上記アドレスまでご連絡いただければと思います。

現在はKindleなどオンラインでの読書も可能な時代ではありますが・・・・私は語学学習に関してはアナログ派です!やはり、これも記憶力と直接つながっていると信じていることもありますが、実際に手を使ってページをめくったり、何より自分の身近に置いて目にすることができるだけで、その言葉を使うシーンを思い描いたり、読みたいときはいつでも手に取って開けることで日々のモチベーションに直結したりする気がしています。

以上、今回は「語学学習に役立つ本」についてと、イタリア語学習者用の現地本のご紹介でした!ちなみに、下の写真はフィレンツェにある人気のカフェで、本屋さんの中で一息着けて、メニューもヘルシーな印象のものが多く私も気に入っている場所です★

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

SONY DSC 

 

 

 

 

 

SONY DSC 




ヨガレッスン参加申込み

 マットレンタルする マットレンタルしない

captcha

×
Conatct Form

captcha

×
Sign up form

Do you wish to rent a mat?  Yes No

captcha

×
Top