ダイエット、その他もろもろ、経過報告☆

2016.04.17 Cat: Tag:, , , , , , , , , ,
IMG_20160206_205643

横浜で見つけたイタリアンバールにて。イタリアよりも、少な目で、可愛らしく盛り付けてあるのがこちらの特徴!

桜の季節も過ぎてゴールデンウィークが近づく時期ですが(早い!)、皆さまいかがお過ごしでしょうか?!

私は前回の投稿から約2か月、何かとバタバタした日々を過ごしておりました・・・。通訳・翻訳のほうのお仕事も徐々に仕事内容が増えてきて、もともと成長業界で仕事はバンバン入ってくるので社員の方は皆さん忙しくしており、当然アシスタントとしてもその緊張感が伝わってきます。またかつてオフィス系の仕事をしていた時の感覚もより蘇ってきて?派遣とはいえ、就業時間中は集中力マックスでお仕事しております。夜はヨガのレッスンがあったりするので残業はなかなかできないこともあり、とにかく集中力と優先順位をもとにした段取り力!かつては自分にはもっとも向いていない仕事として秘書・アシスタントとしての仕事に誇りを持てない時期もありましたが、今はとにかくプライドよりも、良い仕事をすること、派遣でお仕事させて頂くようになって、そんなシンプルな気持ちで仕事ができるのも意外な発見でした。時間給で働くことの意味を自分自身の中で明確にするのは、何より良い仕事をすること、そこに尽きるような気がしてきています。

そして、ヨガの方も、少し新たな展開もあり、今月4月から病院で週末教えることになりそうです。主に精神的な疾患を理由に通院している患者さんが生徒さんなのですが、普段教えている健康で比較的お若い方々とは違い、年齢も平均的に高いのと、また身体を動かすことに慣れていないだけでなく、人によっては関節などに疾患もある方々ですので、通常とはまったく異なる内容で教える必要があります。まだ1度行ったのみですが、平日医療系の会社で働いているところへひょんなご縁で飛び込んできたお話しです。こちらもとても貴重な機会を頂けたと思って、良いレッスンをご提供できるよう、自分に出来うる限りのことを出し切って楽しめたらと思っています。

私は以前より世界的にも有名な「引き寄せの法則」とそれに関連した考え方にとても興味があり、普段から自分自身のあり方が、今とこれからの人生を決めると信じています。そしてこのように、ヨガを教えながら医療系の会社で通訳翻訳をし、そしてそこへ病院でヨガを教えるお話しも舞い込んできて、不思議な引き寄せ力を我ながら感じているところでもあります。医療系のお仕事を強く望んだというわけではないのですが、高校時代の受験の選択肢にあったことから始まり、何かとご縁のある、自分としては希望したわけではないけれども、導かれてみると自分がずっと興味をもっていた場所だった気もしてくる。そんな気持ちです。

そして・・・仕事をして収入を得ること以外でもう一つ。私が日本で個人的にどうしても達成したいもうひとつのこと。それはダイエットです・・・・!!!

ご存じ、イタリアはパスタやピッツァ、ジェラートに、その他たくさんの美味しいものづくしの食べ物がたくさん食べられて、またそこに「太るから・・・」とか、「がっついて食べ過ぎたらはずかしい・・・」とか、そんな感覚とは無縁の国(ホントか?!いえ、少なくとも食べることを、生きることと同義として楽しんでいる人多数なのは本当だと思います。)。ハイ、私もご多分にもれず、太りました。それも、これまで海外で太って帰ってきたときのなかでもマックス増加くらいの勢いで。

もちろん、イタリアにいた頃から「マズイ・・・」という感覚はあったのですが、そこはラテンの国。「痩せる必要ないわよ~」と、たっぷりとしたマンマの貫録満点の女性陣や、そんな女性たちを見慣れた男性陣から言われたり、また、ついつい安くて美味しいジェラートやバールでよく食べた甘いパンなどの誘惑に負けて、「ダイエットは明日から」を毎日地で行っていた私でしたが・・・・日本への帰国が決まってから、突然、「このままではマズイ!!!」という感覚が現実のものとなりました。

帰国3か月前から甘いものを控え、夜の食事制限をほんの少しした結果、最初の3.5キロはわりとすんなり落とせました。もともとそれほどストイックな食事制限は苦手なので、それでも友達とアペリティーボ(軽いアルコールと軽食で夕飯前のひとときを過ごすこと)で外食するときなどは、アルコールも飲んでいましたし、なんだかんだいって、ジェラートも食べていました。でも、量を少し減らしただけで、結構落ちるのは、それだけ過剰に摂取していたということなのでしょう(汗)。

しか~し!!!それからがなかなか落ちない。いわゆるダイエットの「停滞期」だったのでしょう。日本に帰ってきた直後は、食生活がガラッと変わって全体の摂取カロリー自体は落ちているにもかかわらず、ゴハンが美味しくて進むことが原因だったのか、少し増えてしまう始末。イタリアではほぼ毎日飲んでいたワインやカクテルを実質ほとんど飲まなくして、また糖質の摂取量も確実に減っているのですが・・・帰国後すぐにやってきた年末年始という時期の悪さもあり、ようやく体重が落ちてきたのは働きだして1か月くらいたってから。それもたった1キロ。現在では帰国後通算2.5キロ落ちたことになります・・・。

イタリアで減らした体重と合わせると、合計6キロ!!!どれだけ太ったんだ~~~~!!!(涙)

そして、それでもまだ痩せる必要があるのですから、本当にその大変さを身に染みて実感し始めているところなのです。なにせ、若い頃に比べてとにかく痩せるのに時間がかかります。代謝が落ちるのだから仕方ないのでしょうが、ヨガを毎日していてもそうなのですから、何もしないで結構簡単に体重が変動した若い頃とは大違いです。

それから、太ってついたお肉の場所が・・・とにかく目障りなところばかり!!また、そんな皮下脂肪はなかなか、なっかなっか落ちてくれません。現在も、ストイックなルールはいっさい設けず、とにかく3食普通に食べながら間食をできるだけセーブし、食べ過ぎたら翌日の夜を控え、そして、それだけでは脂肪燃焼には不十分と判断した私は酵素のサプリメントも飲んでいます。このサプリメントを飲み始めてからたしかに、便秘は解消されましたので、腸の状態は以前よりだいぶ良くなった感じがしています。

さて、夏までにあと3キロ。できれば5キロ。

もし達成できたら、今後は食べ方により気をつけ、もう二度とこんな太り方は自分に許さないようにしよう!と誓っている私がいますです・・・・・。食べるの大好きで、美味しいものを食べることで幸せなら、ダイエットのためにガマンすることのほうが不健康、という自己流信念を通してきましたが、それくらい、今回のダイエットの大変さと重要性は痛感していて、これだけでも日本に帰ってきた意味があった、と本気で思っています。あのままイタリアにいたら、きっと恐ろしいことになっていたでしょう・・・・。

生き方や考え方、自分の可能性を語る時に年齢を理由にするのは好きではないのが普段の私ですが、私たちの身体はいわばこの世での「借り物」であり、年数を重ねる分、メンテナンスは必要ですし、あちこちにいろいろとガタは出てきます。今回ダイエットに取り組むことで、より今の自分に優しい食べ方、そして自分らしくあるための理想体重について考えるきっかけにもなり、良かったと思っています☆




ヨガレッスン参加申込み

 マットレンタルする マットレンタルしない

captcha

×
Conatct Form

captcha

×
Sign up form

Do you wish to rent a mat?  Yes No

captcha

×
Top